ボトックスで小顔になれば、どんなヘアスタイルも楽しめる!

サイトメニュー

大顔の原因を知る

看護師

大顔の原因を知ろう

気軽に小顔を手に入れられる美容整形として、ボトックス注射があります。ボトックスは筋肉の働きを弱める効果があるので、あごまわりの咬筋が発達した事で大顔になっている人に効果があります。しかし、顔が大きくなる原因は筋肉だけではないため、筋肉以外に原因ががあれば、ボトックスを注入しても意味がありません。顔を大きくする原因として他にも、骨格、脂肪、肌のたるみが考えられます。自分の顔が大きい原因を知る事が、小顔への近道となるでしょう。何故自分の顔が大きく見えるのか、どんな施術が適しているか知る事が重要です。

骨格が原因の場合

骨格に原因がある場合は、メスを使用し骨格を直接削る方法と、他の部分をふっくらさせる事で顔にめりはりをつける方法があります。メスを使用する施術は皮膚を切開するため腫れが起こる可能性があり、抵抗を持つ方も多くいます。しかし、ヒアルロン酸やレディエッセイ注入などで施術を行なえば、メスを使用せずとも小顔を手に入れる事が出来ます。ヒアルロン酸は、アレルギー反応を起こす確率が少ないのが特徴です。注入できる箇所はあごやおでこ、頬、鼻などさまざまです。施術の効果は1年ほどと短くはありますが、アレルギーのリスクの少なさや施術時間の短さから気軽に受けられる事が出来て人気です。また、レディエッセは、ヒアルロン酸よりも効果が続く期間が長く、約2年ほど効果を感じられます。しかも、レディエッセにはコラーゲンを作り出す働きもあるので、お肌にハリツヤを出したい場合もおすすめです。

筋肉が原因の場合

筋肉が原因により大顔になっている場合は、ボトックス注射を受ける事が適しています。ボトックス注射は筋肉の働きを抑える効果があるので、発達しすぎた咬筋によってエラの張りが目立つ場合も、エラを改善し顔をボリュームダウンしてくれます。顔についた筋肉を部分的に落とすのは難しいですが、注射器を使用するボトックス注射ならピンポイントで必要な筋肉のみ弱めてくれます。

Copyright© 2019 ボトックスで小顔になれば、どんなヘアスタイルも楽しめる! All Rights Reserved.