ボトックスで小顔になれば、どんなヘアスタイルも楽しめる!

サイトメニュー

注意事項を守ろう

女性

副作用に注意

ボトックス注射は副作用が比較的に少ない施術ではありますが、注意事項を守らなければ顔面麻痺や腫れを伴うケースがあります。ボトックス注射を受ける際は、次のような事に注意しましょう。
・血の巡りが激しくなる行為は控える
体温が上昇し、血の巡りが激しい状態でボトックス注射を受けると、ボトックスが体内で偏ってしまう場合があります。偏ってしまうと、一部が腫れたり麻痺を起こす恐れがあります。また、ボトックスを注入しても患部から流れてしまえば、効果を感じられない事もあります。ボトックスの効果をきちんと出すためにもお酒や運動、熱すぎる湯船に浸かる、サウナに入るなど、血の巡りを激しくする行為は控えましょう。
・ボトックス注射を受けた直後は体制を変えない
ボトックス注射を受けた後、患部にしっかりとボトックスが浸透するように、体制は変えないようにしましょう。顔にボトックスを受けた場合は出来るだけ正面でまっすぐの状態で座るようにし、傾いたり横にならないようにしましょう。足に施術を受けた場合、ボトックスが全身に流れてしまうのを防ぐため足をなるべく動かさないように、クリニックで安静にする時間を設ける事もあります。クリニックによって時間は前後しますが、約4時間~5時間は体制を変えないようにすると良いでしょう。せっかく施術を受けるのですから、しっかりとボトックスの効果を感じたいですよね。確実に小顔になるためにも、ボトックス注射を受けた直後は体制を変えない事をおすすめします。

Copyright© 2019 ボトックスで小顔になれば、どんなヘアスタイルも楽しめる! All Rights Reserved.